喉の異物感、ヒステリー球、咽喉頭異常感症、頸部食道癌、甲状腺疾患の疑い

ここ2ヶ月喉の調子が悪く、痛みはないが喉に異物感があった、詳しい場所は喉仏の下から、首の付け根辺り、甲状腺付近かその下。

最初は子供から風邪が移って、痰が喉に絡んで異物感があると思っていたが、風邪が治っても異物感があり、そのうち食道になにかあるのではないかと違和感を感じ、飲み込みづらさを感じ、、ネットで調べて自分は癌なんじゃないかと心配になり(1000万分の1ぐらいの確率(宝くじで1億円当たる確率と一緒ぐらい)ますます症状が悪化する感じがした。

ネットで調べた結果、咽頭や喉頭をまずは調べてもらうため一度耳鼻科を受診し、ファイバースコープ内視鏡やレントゲンで検査をしてもらった。

検査の結果とくに異常は見つからなかった。異物部が違うため想定はしていたが、、、先生に異物の位置を伝えるとそこは食道だから胃カメラと言われ、病院を後にする。

耳鼻科範囲内では異常がないため安心はしたが、頸部食道の可能性が高いと思い不安が拭えない。。

ネットでいろいろ調べたり、症状を比べたりして、ネットの情報に左右され病気の可能性を考え、不安になったり、心因的な問題だと思ったり、やならきゃいけない日常をこなしながら悶々と生活をしていた。

後日時間ができたため、今度は食道を調べてもらうため内科、消化器科を受診した。

内科の先生が言うには「少し腫れている?」と言われ、その部分は食道ではないため胃カメラはできないと言われた。自分は食道が気になるから胃カメラをしたいと再度伝えたが、その箇所は甲状腺か気管周辺で耳鼻科、頭頚部科を受診するように言われる。

内科の先生に食道ではないと言われたためか、食事嚥下があまり気にならなくなり、食事量を減らしたり、硬いもの、 辛いもの、刺激のあるもの、もちろんアルコールも避け、柔らかいものや消化によいものを食べていたが、徐々に普通の食事に戻すことができた。不思議と通常の生活には支障がなくなりつつあった。先生の言葉は大きい。

その後、言われた首の腫れが気になり、毎日写真に撮り首のチェックをしたり、酷くなったらすぐに大きい病院に行こうと思いながら、甲状腺について調べ、甲状腺に詳しい専門医を探していた。

首の腫れや異物感、食事の違和感はとくになく、少し異物感はあるもののそれ以上ひどくなることはなかった。
しかし毎日、異物感のことが完璧に頭から離れることはなく、評判のよい甲状腺専門の医師を見つけお盆明けに受診することを決める。

数日後、甲状腺専門医を受診する、先生に事情を説明し問診、触診、エコー検査を丁寧に診察してもらった。充分にくまなく調べてもらった結果、、、異常は見当たらなかった。

とくに腫れがあるわけでもないし、甲状腺、頸部食道などに腫瘍などはなく周りの血管や筋肉、リンパにも異常はなかった。

漢法を処方されしばらく様子をみることになった。気になる症状があった場合はすぐに大きい病院を受診する予定である。

とくに症状がひどくなるわけでもなく、喉に異物感、違和感を感じる人は多く、ストレスや心因的な要素もあり、(※もちろん検査をして異常がないことが前提だか)首、喉は大事な神経や血管が通っており、重たい頭をずっと支えている部分のため、さまざま症状が出やすいらしい。

私も仕事でパソコンを一日中やっていたり、それ以外のときはスマホで仕事をしていたり、肩こりや首、背中、右腕などに疲れがでやすい。
なるべく運動をしたり、歩いたり、体を動かしたりしているが、それでも足りないぐらい、体は疲れているのかも知れない。

忙しい現代人は毎日パソコン、スマホを見て、人間関係のストレスを抱えながら、様々な問題も抱えて、病気のリスクを常にもっている。
働くのも大事だが、無駄と言う贅沢な時間を過ごしたり、ゆっくり旅や旅行に出かけたり、ネットから距離を取ってみたり、自分と社会とのうまい付き合い方が必要かもしれない。

似たような症状にお悩みの方に参考になればと思い個人的でセンシティブな内容ですが記載しました。息抜きに旅行や新しい街に行きたいですね♪お得にお安くトリバゴがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です