向島百花園/国指定名勝/史跡/200年の歴史/江戸の花園/太宰治/秋の七草/萩まつり/萩のトンネル

【江戸の文化、文政期(1804年~1830年)に佐原鞠塢(さはらさくう)によって作られた庭園、昭和13年に東京都に寄付され翌14年に有料公開、昭和53年に国の名勝及び史跡の指定を受ける】

墨田区の明治沿いにあり、以前から横をよく通っていたがその存在さえ知らずだった。

日本の文化財、次世代に残したい文化名勝である。駐車場がないため近隣のセサミ向島に止め、徒歩で移動、およそ徒歩3分ほどで明治通りから脇道に竹林が見え左手に苗畑が見える、入口は南側であったためグルっと周らなくてならない。

一番近い駐車場は3台ほどの小さなコインパーキングが百花園すぐ隣の明治通り沿いにあるが、狭く大きい車は止めるのは至難の業だ。

入り口を目指し、歩いていると外観がおしゃれな赤で、道の置き看板においしそうなパンのイラストが張ってある、こじんまりとしたパン屋さんを発見、お昼にでも寄ろうかと目を付ける。

入口手前に小さな遊具、滑り台のアスレチック、ブランコがあり、それを見つけた子供達は一目散に遊び出す。百花園に入ることなくしばらく遊ぶ。
近隣の人が散歩に来たり、散歩に来たおばあさんが話しかけてくれたり、 のどかな下町のような雰囲気である。

入り口は歴史を感じる雰囲気のある門、門脇に入場券を買う受付がある。
大人150円、子供無料であった。受付で「虫よけはお持ちですか?」と聞かれ、ないと答えると蚊が多いため入口入って左手の虫よけを使ってくださいと言われる。

丁寧な対応に好感をもった。

中に入ると様々な花な木が連なり、案内板には番号が振ってあり、すべての花の名前が記されている、丁寧でわかりやすい 運営に感銘する。

平日の昼間だが、中は賑わっていた。現在は萩まつりを行っており、名物の萩のトンネルがある。

子供達は、はしゃぎながら楽しそうにいろいろな草木花を見る、観光で来られてる外国の方や、団体の方、花が好きなお年寄りのご夫婦や一眼レフを片手にシャッターチャンスを待っている人などもいた。

いろいろな方が子供達に笑顔で話しかけてくれたり、はしゃぐ子供達を笑顔で見守ってくれたり、下町にある温かさと自然を感じ、満喫した。

中には雰囲気のある売店で、お茶や和菓子、かき氷などが食べられる、園内にはベンチなど休憩できる場所がたくさんあり、年配の方や、歩くのが大変な方も利用しやすいようになっていた。

季節を感じることのできる、下町にある百花園、行ってみる価値ありです!是非!↓
↓↓【行こーよ向島百花園 サイト】
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

当ブログ限定メルカリorオークションで使える特別クーポン毎日発行中!


クーポンコード 「vkyrab98」 (リング類RIN0001~RIN0150まで適用) 有効期限は19/10/01終日有効  https://www.mercari.com/jp/u/213222127/ 
上記クーポンコードをメルカリコメント欄に入力した方は30%OFFに値下げして再出品させていただきます。
または、
当ブログのコメント欄より購入希望の方も特別割引30%OFF送料込みにさせて頂きます。 ※上記サイトでご希望の商品の 詳細を確認して商品名とクーポンコードをコメント欄に記載してください。

尚お支払い方法は銀行振込、ゆうちょ銀行、代金引換のいずれかになります(代引きの場合はプラス送料700円+代引き手数料300円になります)
(コメント欄記入後、折り返し必要事項のご連絡をいたします。こちらからアドレスのご連絡を致しますので個人情報の記入はございません)

よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です