結婚制度/多様化/不倫問題/離婚/結婚観/ジェンダー/一夫多妻

多様化の時代、結婚の形も変わるべきだはないだろうか?
生涯未婚が増え少子化が進み、3組に1組離婚し、連日不倫のニュースを見る。

事実婚や同性婚、税的優遇や相続問題、
どんなパートナー、形でも結婚したければ認めるべきだし、法律婚と同等の権利を与えるべき。
夫婦別姓も選択できるようにするべきだし、一夫一妻だけじゃなく、
人により一夫多妻でも良いのではないだろうか?そして一妻多夫でも良い。
お金を持っていて魅力的な人は複数人と結婚できるようにしたらいい。(互いの合意があれば)

結婚のハードルを下げ、事実婚の権利を上げ、差をなくし、
離婚にたいするネガティブな印象もなくすべき、離婚しても近くに住み、
子育てもしっかりしたり、形が変わるだけで生活のスタイルがよくなることだってある。

新しいスタートとして離婚を周りが前向きに捉えるべきではないかと思う。

人と人が付き合う以上、年齢、性別、環境、形に関係なく、
良いこと辛いことがあるのは結婚離婚に限らず誰だって変わらない。
大事なのはいろいろな形、生き方、自由を認めることだと思う。

国のルールにとらわれず、自分たちの夫婦の形を見つけ楽しく生きれたらそれで良い。
結婚はゴールではなく新しいスタート、
結婚を維持したいなら、甘んじず努力すべし。
人生100年時代の柔軟な結婚観、そろそろ不倫を認めたり、理解する人や、
一夫多妻事実婚などを実施する人が多少出ても良いと思うけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です