アフターコロナ/経済活動/不動産暴落/東京地価/ 地方創生/少子化対策/ファッション×感染症/多機能マスク/内需観光/移動エンタメ

連日新規感染者は減り、回復者は増え、患者数が右肩下がりになっている。
自粛の効果が顕著に出てきている。
今後、コロナがどのようになるのか、、、、

緊急事態宣言も解除する県が出て、感染者数、人口増の地域のみになっている。
今後、みんなの暮らしはどうなるか。

世界中でコロナが収束しない以上、日本でも第二波、第三波は必ずくる、そして新たなウイルスもいつか生まれる。
生身の人と接することは必要だし、人間である限りその喜びは一生変わることはないだろう。
しかし必要以上の接触や、むやみに人ごみに行くのは避けた方がよい。

ライブやイベント業界は大変だが、みんなで知恵を出し、乗り切り、新しい形も考えるのが良いだろう。

お店や会社、経済活動している全てのものがもっと時間帯を変えたり、混雑しないように工夫する。

東京もおそらく31日に解除されるが、気の緩みや一部の人の行動がまた再流行になりかねない。

そもそも一極集中や、同一の働き方、人の滞留が多すぎるのではないだろうか?
学校や授業もオンライン化はもっと普及するべきだし、仕事も時差出勤や、週休3日制の普及、ネットを駆使して効率を上げて、生産性を維持したまま、休みは増やす。

世界に比べ日本はナンバー1の長時間労働大国、男性の育児参加や少子化の問題もここにある。日本の長時間労働と効率、生産性の悪さ。みな時間と余裕がないからだ。

リモートの普及で会社が東京にある必要はなくなり、たまに出勤するぐらいになれば
自ずと近くに住み必要もなくなり、少し離れた郊外でも良い。
そうすれば、人々は分散し異常に高い東京の地価も下がり、誰でもどこでも住みやすくなり
エンタメやコンテンツ、企業やショッピングモール、最先端の流行も東京から分散し、
それぞれ地域独自の良さを生かしたり、移動する楽しみや移動中のエンタメ、交通も観光需要も増えるだろう。

今後、社会構造や社会文化の変化、あらゆるものが効率化、スマート化し、できるだけ人と接触せずとも効率良く回るシステム、そして可処分時間が増え、大事な人と大事な時間は増える、そんな世界に生まれ変わってほしい。

そもそも人と同じことはしなくてもいい、違くてもいいって言う文化、
価値観がもっともっと広がれば、自然と人はバラけて、バランス良い環境になるのかもしれない。

オンラインの普及や、ネットでのコンテンツの増加、楽しみ方の多様化、働き方の多様化、
今後はそれらの活動を向上しながら、従来の活動と共存し予防した上で経済活動、生活をするのが良い。

そして第二波、第三波、新たなウイルスが発生したら、即座に鎖国、シャットダウンをし感染を防ぎ、内需の経済活動により経済を支える、今回の経験できっと被害を少なくできるだろう。

人と同じが好きではなく、人ごみも嫌いでマスク愛用者の私としては
アウトドアブランドやスポーツブランド、日本の技術を生かしたメーカーのよる機能性マスクに期待。暑くなく濡れず、透湿性に優れ、多機能でカッコイイマスク。

眼鏡や帽子、アクセサリーのように、コロナの影響でマスクがファッションアイテムの一つとなったらおもしろい。ファッションと感染症予防のかけ算が日本の技術で誕生するだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です