お金は銀行に預けるな/勝間和代/金融リテラシー/家計の金融資産構成/老後/年金

私達は自分のお金を労働力で稼ぐ、自分で稼いだお金を消費する、
というやり方にはとても慣れているにですが、自分のお金が自分以外のところで
お金を稼いでくる、あるいは自分で稼いだお金を商品という形ではなく投資するという
考え方には、今ひとつなじみ切れていません、
自分のお金を自分でコントロールする、年金不安、所得格差が進む中、私達が身につけなくてはいけない能力とは?

家計の金融資産構成
(2019年8月29日日本銀行調査統計局)データ

ユーロ圏 現金・預金(34.0%)  債務証券 (2.3%) 投資信託 (8.8%) 株式等(18.8%) 保険・年金・定型保証(34.0%)

アメリカ 現金・預金(12.9%) 債務証券 (6.5%) 投資信託(12.0%) 株式等(34.3%) 保険・年金・定型保証(31.7%)

日本 現金・預金(53.3%)  債務証券(1.3%) 投資信託(3.9%) 株式等(10.0%) 保険・年金・定型保証(28.6%)

上記データでわかる通り、保険年金資産にはさほど変わりがないのに対して、
日本は圧倒的に現金預金の割合が高く、投資信託、株式の割合が極端に低くなっています。

本当のリスクを知り、将来のために正しい能力、金融リテラシーを身に付けることが大事

安価でお求めやすく、わかりやすく勉強になるbookです!!

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践/勝間和代【1000円以上送料無料】
価格:770円(税込、送料別) (2020/6/4時点)楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です