Mr.Children 【君がいた夏】コピーギターアコースティックフルバージョン/1stシングル/92年/デビュー/カバー/歌詞

夕暮れの海に ほほを染めた君が
誰よりも 何よりも 一番好きだった
二人していつも あの海を見てたね
日に焼けた お互いの肩にもたれたまま
一日中 笑ってた

キリンぐらい首を 長くしてずっと
待っていたのが まるで夢のように

また夏が終わる もうさよならだね
時は二人を 引き離して行く
おもちゃの時計の針を戻しても
何も変わらない Oh I will miss you

君と出会ってから 何も手につかずに
意味のないラクガキを 繰り返しているよ
誰よりも早く 君を見つけたくて
自転車で駆け抜けた 真夏の朝早く
波打ち際たどって

秋が来れば僕ら また元の場所へ
戻ってくけど 気持ちはこのまま

また夏が終わる もうさよならだね
時は二人を 引き離して行く
言葉にできずに そっと離れても
いつか この胸に Oh I will miss you

ひまわりの坂道 駆け降りてく君が
振り向いた あの空の 眩しさが今でも

また夏が終わる もうさよならだね
時は二人を 引き離して行く
おもちゃの時計の針を戻しても
何も変わらない Oh I will miss you

Moucai公式you tube

you tube にてギター演奏など動画を公開しております。MOUCAIチャンネル

チャンネル登録お願いいたします!!

Mr.Children 【靴ひも】コピーギターアコースティックフルバージョン/歌詞/アコギ/カバー

いつまでうだうだしてるんだ
どうすべきか知ってるんだ 
君の絵の具で濁った僕がいい
こだわってたものみんな
誰かに譲ったっていいや 
失いたくない急がなくちゃ 

靴紐も結ばずに駆け足で飛び出して
停留所を通過していくそのバスに飛び乗って 
ああ一秒でも早く君の待つ場所へ 


スーパーの前の歩道に
主人を待つ雑種の犬
ガードレールに繋がれている 
君に微笑んで欲しくて
吊り革握っている僕とどこか似ている 
そわそわして 

愛しくて苦しくてそして自分を見失って
ウザッたくて終わらしてでももっと苦しくて 
ああ一瞬でも早く君の待つ場所へ 


渋滞で停車したこのバスを飛び出して
靴ひもも気にせずに全力で駆け出して 
愛しくて切なくて君の色で濁っている 
その部分が一番好きな色僕の色 
ああ一秒でもはやく君の待つ場所へ 
ああ一瞬でも早く君の待つ場所へ 

Moucai公式you tube

you tube にてギター演奏など動画を公開しております。MOUCAIチャンネル

チャンネル登録お願いいたします!!

Mr.Children 【イノセントワールド】コピーギターアコースティックフルバージョン

黄昏の街を背に 抱き合えたあの頃が胸をかすめる
軽はずみな言葉が 時に人を傷つけた そして君は居ないよ
窓に反射する(うつる) 哀れな自分(おとこ)が
愛しくもある この頃では
Ah 僕は僕のままで ゆずれぬ夢を抱えて
どこまでも歩き続けて行くよ いいだろう? 
mr.myself

いつの日も この胸に流れてる メロディー
軽やかに 緩やかに 心を伝うよ
陽のあたる坂道を昇る その前に
また何処かで 会えるといいな イノセントワールド

近頃じゃ夕食の 話題でさえ仕事に汚染(よご)されていて
様々な角度から 物事を見ていたら自分を見失ってた

入り組んでる 関係の中でいつも帳尻 合わせるけど
Ah 君は君のままに 静かな暮らしの中で
時には風に身を任せるのもいいじゃない 
oh miss yourself

物憂げな 6月の雨に 打たれて
愛に満ちた 季節を想って 歌うよ
知らぬ間に忘れてた 笑顔など見せて
虹の彼方へ放つのさ 揺れる想いを

変わり続ける 街の片隅で夢の破片(かけら)が 生まれてくる
Oh 今にも そして僕はこのままで微かな光を胸に
明日も進んで行くつもりだよいいだろう?
mr.myself

いつの日も この胸に流れてる メロディー切なくて 優しくて 心が痛いよ
陽のあたる坂道を昇る その前にまた何処かで 会えるといいな
その時は笑って 虹の彼方へ放つのさ
イノセントワールド 果てしなく続く
イノセントワールド

94年6月1日発売 Mr.Childreの イノセントワールド、94レコード大賞受賞曲。
「無垢な世界 」 という意味の題名、メッセージ性の高い歌詞が心に刺さる名曲です。
当時アクエリアスのCMで流れていて爽やかな印象でしたね。

Moucai公式you tube

you tube にてギター演奏など動画を公開しております。MOUCAIチャンネル

チャンネル登録お願いいたします!!