Mr.Children 【さよならは夢の中へ】コピーギターアコースティックフルバージョン

夢の続きのように
君の笑顔も霞んでく
恋いに落ちたあの夜から
さよならが潜んでたのに
二人はぎりぎりのところで
想いをつなぎとめてる

交わす言葉にさえ
鋭く神経(こころ)尖らせて
嵐のような涙のあとは
激しく心求める
誰のせいでもなく愛は
その傷口をひろげて

朝焼けのビルの彼方へ
はばたく鳥のように
この胸の中を曇らす迷いを
大空高く飛ばして欲しい

さやならは夢の中へ

矛盾だらけの My mind
自由っていう孤独に吹かれて
ほおづえをついて眺める
黄昏の光と影を

Don’t say good-bay 偽りない想いは
Please don’t cry 今も変わらぬ

二人で見つけたIt’s only love
それだけが僕にやすらぎをくれた 苦しい時も
それは ただ一つの真実
いつしか全てはうつろう運命(さだめ)だとしても
いまならばきっと取り戻せる
二人出会った日の輝きを

さよならは夢の中へ


1993年9月1日発売 3thアルバムの収録曲、「さよならは夢の中へ 」
Mr.children初期の名曲、やさしいメロディに、 失恋の 切ない曲ですが、愛情の強さを感じることのできる歌詞が心に刺さる隠れた名曲です。

Moucai公式you tube

you tube にてギター演奏など動画を公開しております。MOUCAIチャンネル

チャンネル登録お願いいたします!!

Mr.Children 【イノセントワールド】コピーギターアコースティックフルバージョン

黄昏の街を背に 抱き合えたあの頃が胸をかすめる
軽はずみな言葉が 時に人を傷つけた そして君は居ないよ
窓に反射する(うつる) 哀れな自分(おとこ)が
愛しくもある この頃では
Ah 僕は僕のままで ゆずれぬ夢を抱えて
どこまでも歩き続けて行くよ いいだろう? 
mr.myself

いつの日も この胸に流れてる メロディー
軽やかに 緩やかに 心を伝うよ
陽のあたる坂道を昇る その前に
また何処かで 会えるといいな イノセントワールド

近頃じゃ夕食の 話題でさえ仕事に汚染(よご)されていて
様々な角度から 物事を見ていたら自分を見失ってた

入り組んでる 関係の中でいつも帳尻 合わせるけど
Ah 君は君のままに 静かな暮らしの中で
時には風に身を任せるのもいいじゃない 
oh miss yourself

物憂げな 6月の雨に 打たれて
愛に満ちた 季節を想って 歌うよ
知らぬ間に忘れてた 笑顔など見せて
虹の彼方へ放つのさ 揺れる想いを

変わり続ける 街の片隅で夢の破片(かけら)が 生まれてくる
Oh 今にも そして僕はこのままで微かな光を胸に
明日も進んで行くつもりだよいいだろう?
mr.myself

いつの日も この胸に流れてる メロディー切なくて 優しくて 心が痛いよ
陽のあたる坂道を昇る その前にまた何処かで 会えるといいな
その時は笑って 虹の彼方へ放つのさ
イノセントワールド 果てしなく続く
イノセントワールド

94年6月1日発売 Mr.Childreの イノセントワールド、94レコード大賞受賞曲。
「無垢な世界 」 という意味の題名、メッセージ性の高い歌詞が心に刺さる名曲です。
当時アクエリアスのCMで流れていて爽やかな印象でしたね。

Moucai公式you tube

you tube にてギター演奏など動画を公開しております。MOUCAIチャンネル

チャンネル登録お願いいたします!!