お酒のご紹介「知多ウイスキー」

サントリーから発売されているシングルグレーンウイスキーです。

ウイスキーの種類は主に3種類あり、前回紹介したモルトウイスキー、そしてグレーンウイスキーとブレンデッドウイスキー。
グレーンウイスキーはとうもろこしなどの穀物を原料に連続式蒸留機で蒸留し、樽で熟成させます。
グレーンウイスキーとモルトウイスキーを混ぜたものがブレンデッドウイスキーです。



モルトウイスキーが大麦を原料に、単式で蒸留するので原料も製造方法も違うことがわかります。

モルトウイスキーが個性的で主張の強いウイスキー、いわば主役のような存在に比べ、グレーンウイスキーは柔らかく穏やかで個性の少ない、やさしい、脇役のような存在。

グレーンウイスキーの多くはブレンデットウイスキーを作るために製造され、個性同士がぶつからないよう製造工程でなるべく個性を出さないように製造されています。

ブレンデッドウイスキーのひきたて役が多いなか、 知多ウイスキーはそのなめらかで風のような軽やかな味わいで2015年より発売されました。

もともとネット限定の販売でしたが人気のため全国販売をされるようになりました。

知多の魅力はハイボールと言われています。ハイボールにすることで、知多の優しい華やかな香りが開き、甘みが引き立ちます。

サントリーさんの技術の高さに圧巻です!!


知多ウイスキー 43度 700ml
価格:3980円(税込、送料別) (2019/8/9時点)
楽天で購入

スコッチ グレンフィディック

先日知人より頂いたお酒の紹介です。
シングルモルトスコッチウイスキー、グレンフィディックです。

1897年ウィリアム・グラントがスコトットランドのスペイサイド地域にグレンフィディック蒸溜所を設立しました。ゲール語で「鹿の谷」を意味し、蒸留所が立地するフィディック川の谷間に由来します。

シングルモルトとして世界中で最初に発売されたウイスキー。
「シングルモルト」ととは、単一の蒸留所で作られたモルトで、「モルト」とは大麦の麦芽のみで作られたウイスキーです。 有名な「山崎」「白州」もシングルモルトです。

シングルモルトの特徴は味の個性が蒸留所によって様々なこと、製造工程や仕込みの水、蒸留器の形状、銘柄によって個性が際立ち、香りや味、奥深さなどが楽しめます。

グレンフィディックはシングルモルトの35%のシェアを誇る世界中で愛されるブランド、ライトな口当たりで青りんごや洋なしを思わせるさわやかな香り、飲みやすく美味しいウイスキーです。

シングルモルトと言えば「グレンフィディック」
まずはストレートで味わい、香り味を充分楽しみ、ソーダ割りにして爽快にいただきました。是非ご賞味ください!!


グレンフィディック 12年 スペシャルリザーブ 40度 箱付 700ml 正規
価格:2577円(税込、送料別) (2019/6/3時点)
楽天で購入